2006年3月4日土曜日

ZGⅢ


観て来ましたよ。

昔の同僚と待ち合わせしてたんですが、見事にバックレられまして、こんなチャンスを見逃すとは本当に運のない奴だと思いつつ。

何かの事情かと思い、見切り付けて一人で2座席確保して観ました。(ZGⅡといい、今回ZGシリーズは贅沢に観ている気がする…)

例によって限定プラモは売り切れ。

早朝から一般人も買える店舗での販売は、なんとかしてくれ…




で初日は2回目しか開演しないところの2回目の開演で舞台挨拶。

ファ、カミーユ、シャア、シロッコ、アムロ、監督の順番で登場。

この劇場のこの開演が本日の最終舞台挨拶で、さすがに疲れてる感が否めない。

シャアの中の人も、そろそろやばい気がする。

本物が見れて、ほっと満足です。

お疲れさまでしたと心の中で感謝し、楽しみに拝見させていただきます。




レコアさん、エマさんがお亡くなりになる辺りから、TVよりも劇的になってきて、感情が高ぶって参りました。

そして終演…もう感動…シロッコ死んだ辺りから、ぞくぞく来ました。

舞台挨拶でもちょっとネタバレしてくれたんですが、ファースト、ゼータ、逆襲のシャアに続く流れってのが描かれるわけです。

しかも、セイラさん登場するし…しゃべるし…中の人死んでるのに!!…誰?誰?って思いつつ、エンドロールきっちり見てしまいましたよ。




��Vと違うエンディングにしてしまったせいで、ZZがどういう扱いになるのか疑問が残ってしまいました。

この終わり方で本当に良かったです。

もう富野監督はガンダムをやりたくないみたいだけど、次は是非Vガンダムの映画化を期待してます。