2007年10月19日金曜日

MSA-0011/20071019


連日のガンプラ製作の勢いで、センチネルに着手。

一応、時系列順になるんだな。

センチネルものは模型誌で展開されたガンダムでティターンズの最期を描いた物語だ。

同じ模型誌で展開されているAOZはティターンズの創設時代を描いているのを知ると、感慨深いものがある。

Sガンダムと表記されているけど、SはSuperiorの略でスペリオルと呼ぶらしい。

SeedのSじゃないし、SuperのSでもない。

と、パーツを組んでいたのだが、ふと過去に着手していたプラモが脳裏に浮かんでしまい、手を止めた。