2010年11月30日火曜日

MG MS07B(ver2.0)/20101130

素組状態ですが、作業が終わりました。
この後は、塗装待ちです。
内部フレームはMS-06をベースにしてあるので、いろいろと余剰部品が残りました。
過去にMS-06Sの外装部品が余ったのとあわせれば、また違うことが出来そうなんです。
ver1.0に比べて、確かにずんぐり感がありますが、むしろこの方が威圧的なイメージが強く感じられます。
ヒートロッドの組み立てがすごく楽になり、数多いロッドパーツのヤスリがけをしなくても良いのが救われました。
動力パイプについては、MS-06方式を採用しなかったので、ちょい苦労しました。
まさに「ザクとは違うのだよ!」ですかね。
塗装方法のイメージとしては、細かいパーツがないので、かなり楽に進めそうです。
久しぶりにこのまま続けちゃおうかなという気にさせてくれますね。
101208_0111~01.jpg101208_0118~01.jpg101208_0116~02.jpg
※頭部の動力パイプの向きが間違っていましたので、撮影しなおしました。